第42回 一般部門 入賞

所在地 :長野県北安曇郡
 自然の中での生活を楽しく表現されており、応募作品の中でも強く印象に残った作品で、第一審査の段階でこの場所に身を置きたい衝動に駆られた。

 場所は長野県白馬村の開発された別荘地。
 厳しい環境の中で自然を共有し数々の工夫や仕掛けによりローコストで四季を通して楽しめる住宅。

 切妻の2階建ての住宅から透明の大きな屋根を延ばし内外連続する広場は自然と一体となれる格好の遊び場となっている。
 夏は外周に蚊帳を吊り下げ、虫や蚊の心配なく戸外生活を楽しみ、自然の風を住まいに取り入れる。
 冬はビニールシートを吊り下げ、外周の溝の中に氷を張ることで気密させて寒さをしのぎ、2m近く積もる雪止めの板が渡せる仕掛けがあり、雪を断熱材として扱う。時にはかまくらをつくり離れが増築されるなど、大掛かりな設備投資をせずにたくみに自然の摂理を利用し楽しむ工夫が好奇心をくすぐる。

 人の不在時もダブルスキンの温度差で空気の流れを促し、地続きによる地熱で暖房の立ち上げを早くするなど山荘ならではの配慮も見受けられる。

 クライアントは設計者の両親。家族で訪れる馴染みの土地である。
 自然から身を守る山荘の常識を覆し、自然と共に暮らす発想が生まれ、巧みに計算され実現させたことも納得がいく。
 なによりも子供が元気に走り廻り、架構の梯子を平気に上がり自ら遊びを見つける姿が微笑ましい。子供の感性が引き出せる場所である。

 キッチンや造付家具、階段手摺など、合板や配管、セン切りボルトなど建材を上手く代用しローコストでありながらチープにならない為のゆたかな発想と丁寧な造りを共に創り出した工務店との出会いも大きな収穫であったと思われる。

 大きな庇で建物を覆い、衣替えが出来て自然の恵みと上手く付き合うなど、日本の古来からの住まいの知恵が生かされた山荘である。
(川口 亜稀子)

主要用途 住宅
構  造
木造
階  数 地上2階
敷地面積
402.22u
建築面積
51.66u
延床面積
84.16u
設計者 一級建築士事務所
 株式会社 仲建築設計スタジオ
 仲 俊治
施工者 有限会社 池田建設
 池田 昌彦

一つ前へ戻る