第42回 一般部門 入賞

所在地 :愛知県名古屋市中区栄二丁目1701番
 長島町通りから白川公園に至るアクセスの途中、公園前のゲートのように宙に浮かぶ球体が目に飛び込んできました。内径35Mの世界最大のプラネタリウム。現代的なビルが建ち並ぶ通りに突然異質なものが出現した感がありましたが、エッフェル塔も建てられた当時、様々な論議が噴出したようですから、この球体も時間の経過とともに、この街のシンボルになることでしょう。球体の下部はオープンスペースになっていて、都市軸を公園に誘うという都市的なスケールを持つ建築であるにもかかわらず、白川公園側のファサードは緑化され、公園との調和を図っているきめ細かなデザインを評価しました。建物の用途が科学館ということで、この建物自体も、サーマルトンネル、雨水貯留槽、太陽光パネル、風力発電等、デザインと一体化した省エネ技術や免震技術、球体を支える構造システムなど、技術の粋を集めたものです。科学館の展示とともに、この建物を創りだしている高度技術を可視化して建築自体を展示物にしています。そしてなにより、平日に訪れたにもかかわらず、多数の来場者で賑わっていました。都市に新たな賑わいを創出した傑作だと思います。
(貴志 雅樹)

主要用途 科学館
構  造
鉄骨造
階  数 地下2階 地上9階 塔屋1階
敷地面積
89,297.99u
建築面積
4,263.62u
延床面積
15,735.19u
建築主 名古屋市
設計者 株式会社日建設計
      一級建築士事務所
 常務執行役員
      名古屋代表 小堀 徹
施工者 竹中・TSUCHIYA・ヒメノ
      特別共同企業体
代表 株式会社竹中工務店
      名古屋支店
 執行役員支店長 西山 正直
TSUCHIYA 株式会社 名古屋支社
 代表取締役専務
  執行役員支社長 河村  亨
ヒメノビルド株式会社

一つ前へ戻る